結婚相談所はどこがいい?

MENU

結婚できない女は居心地が悪いんです

私は31歳で独身のOLです。

 

先日1つ年上の先輩が結婚して寿退社したので、ついに私が社内で最年長独身女になってしまいました。

 

年下で結婚している子もいるし、女性社員6名の中で独身なのは新卒&入社2年目の子と私の3人だけになってしまいました。

 

会社は結婚してからも働きやすい職場で、結婚してからも仕事を続けることが可能です。

 

先輩は遠距離恋愛だったので、彼氏の住む北海道に嫁いでしまったけど、結婚してから働き続けている人が3人もいます。

 

女性が働きやすい職場なのは嬉しいことだけど、なかなか結婚できない自分にとっては正直言って居心地は悪いです。

 

独身は私を含めて3人だけど、残りの2人は20代前半なので「まだ結婚するのは早いです〜」という感じだし。

 

私だけが「結婚したくてもできない女」という状態です。

 

そういうこともあって毎日のお昼時間も、かなり居心地が悪い空間で過ごしています。

 

 

毎日のランチは社内の会議室で食べるんだけど、話はだいたい「旦那&彼氏」の愚痴大会です。

 

既婚三人組からは旦那の愚痴というノロケ話を聞かされ、若手独身二人組からは彼氏の愚痴というノロケ話を聞かされます。

 

残された彼氏いない歴2年の私だけが、気まずそうに愛犬の話でお茶を濁しています。

 

いえ、全然濁せてないんだけど、いたたまれなくて愛犬の話でなんとかその場をやり過ごしている感じです。

 

みんな気のいい子たちばかりなので悪気はないんだけど、夫婦とか恋人というキーワードが含まれた会話が多くなるので独身彼氏なし女にはツラい時間なんです。

 

 

結婚したいけど出会いがない

もちろん私だって恋人欲しいし、結婚したいし、子供も欲しいです。

 

会社の同僚からは「いい人いたら紹介しますよ〜」なんて言われるけど、やっぱり30歳オーバーの女は需要は少ないみたいで具体的な紹介は一つもありません。

 

そういうこともあって他人をあてにしても恋人はできないので、自分から動くことにしました。

 

最近は婚活サービスもたくさんあるので、何がいいかスマホで調べてみたんです。

 

すぐに婚活サイトとか婚活パーティーとかお見合い倶楽部とか結婚相談所まで、いろいろな婚活サービスが見つかりました。

 

こんなにいっぱいあると、どれがいいのか分からなります。

 

自分に合った婚活サービスがどんなものか分からないので、ちょっと前に婚活して結婚した友達がいたので聞いてみることにしました。

 

婚活成功者の体験談を聞けば、いろいろとヒントがもらえるかと思ったのです。

 

 

その名も【ジャイ子】。新婚ホヤホヤの婚活勝ち組です。

その友達は「ジャイ子」というあだ名です。

 

あだ名の由来は、読んで字のごとく外見がジャイアンの妹にそっくりだったからです。

 

高校時代は仲が良かったんだけど、社会人になってからは疎遠になっていました。

 

高校時代はお互いの恋愛事情とかも相談したりしてたんだけど、職場も遠くなって次第に合わなくなってしまったんです。

 

そんなジャイ子が結婚するということを今も付き合いがある友達経由で聞かされ、披露宴には参加したんです。

 

披露宴でカクテルドレスを着たジャイ子を見た時は、昔のまんまのジャイ子っぷりだったけど少し輝いて見えました。

 

その姿を見て、「憧れ」と「悔しさ」が入り乱れて複雑な心境になったのを今でも覚えています。

 

でも、旦那さんが「ラーメン大好き小池さん」みたいな人だったので、少し気持ちを落ち着けることができました。

 

 

アラサーで焦って結婚していく女どもと独りになった私

その時に集まった友達もほとんど結婚して母親になっていて、「どこが晩婚化だよ!」と一人ツッコミをして気を落ち着かせていました。

 

結婚している友達はほとんどが新婚〜結婚3年目くらいだったので、みんなアラサー突入で焦って結婚した感じでした。

 

かく言う私は、アラサー突入時は彼氏がいたんです。

 

なので、当時は「アラサーで独り身は焦るよね〜。」なんて思っていました。

 

今となってはそんな上から目線の自分を蹴り飛ばしてやりたいですが、その時は完全に勝者の気分だったのです。

 

ところが「そろそろ結婚かな〜」なんて思ってた29歳の春に、2年間付き合っていた彼から突然の別れを告げられたんです。

 

「他に好きな子ができたから別れよう」

 

もっと気の利いた嘘をついてくれればいいのに、ストレートに言い過ぎだってば・・・。

 

そんなこんなで、気付いたら上から目線で見ていたあの「アラサーで独り身」に自分がなってしまったんです。

 

それどころかあっという間に30代もに突入してしまい、気付けば会社でお局様の座をGETしてしまうほどになっちゃったんです。

 

やべぇ〜。

 

そういうこともあり、恥も外聞も捨てて結婚して勝者となったジャイ子に相談してみることにしたんです。

 

 

婚活に成功したジャイ子のアドバイスとは!?

というのも、ジャイ子は結婚相談所で1年間婚活をして、ようやく結婚相手に出会えたそうです。

 

披露宴に参加した時にジャイ子の妹から、ジャイ子の結婚についてこっそり聞き出していたんです。

 

すみません。姑息なことして。

 

 

ジャイ子の妹情報によると、ジャイ子は28歳から婚活して29歳で交際開始となったみたいです。

 

1年の交際を経て、30歳になって無事結婚となったんだけど。

 

ちなみにジャイ子はオーネットに入会したってところまでは突き止めました。

 

婚活を成功させたジャイ子に婚活のアドバイスをもらえれば、自分も結婚できる方法が見つかるかも!と淡い期待を抱いた私はジャイ子にLINEしてみました。

 

 

私「結婚生活はどう!?」

 

ジャイ子「ん〜、いろいろと手が掛かって大変かな〜」

 

私「そうなんだ〜。いいじゃん、幸せそうでw」

 

ジャイ子「ま、幸せっちゃ〜幸せだけどね〜♪」

 

そんな感じでとりとめのない会話を進めてから、いよいよ本題に入りました。

 

私「この前の披露宴の写真をプリントアウトしたから持っていくよ〜」

 

ジャイ子「本当に!嬉しい!!!」

 

私「ランチでもしようよ」

 

ジャイ子「だね〜。じゃ、今週日曜日にランチしようか。旦那出掛けてていないし。」

 

私「OK〜。じゃ、○○(人気店)にパスタ食べに行こう」

 

ジャイ子「分かった〜。楽しみにしてるね〜」

 

なんて感じで約束を取り付けました。

 

これでジャイ子から婚活ノウハウを根掘り葉掘り聞き出せるはずです。

 

何を聞こうかとアレコレ考えながら、当日を待つことにしました。

 

 

 

ジャイ子に聞きたい3つの質問

私が聞きたい質問はこんな感じです。

 

どうして結婚相談所で婚活したの?
どんな男の人がいるの?
どうやって知り合って交際まで進んだの?

 

質問したいことはたくさんあったけど、あまり聞き過ぎるのもマズイかと思ったので3つに絞って聞くことにしました。

 

あとはその時の雰囲気次第で、もっと質問していこうかと。

 

お店の近くで待ち合わせしたジャイ子の左手薬指には、当然のごとく結婚指輪が見えました。

 

ちょっと指に食い込んでいたけど、とてもうらやましかったです。

 

そんなことはどうでもいいんだけど、とにかく早く質問したい気持ちで一杯でした。

 

お店に着いて人気メニューを注文したところで、早速いろいろ聞き出してみることにしました。

 

 

どうして結婚相談所で婚活したの?

今はどの婚活サービスがいいのか分からなくなるくらい、たくさんの婚活サービスがあります。

 

その中で、どうして結婚相談所を選んだのか聞きたかったのです。

 

ジャイ子がいうには、先ずは利用しやすい婚活サイトや婚活パーティーから婚活を始めたそうです。

 

しかし、

 

・婚活サイトはプロフィール写真で判断されるから出会いがない
・婚活パーティーは外見が一目瞭然だから、誰からも申し込みされない。
・引っ込み思案な性格だから、自分ひとりで行動するのは精神的にキツい。

 

こんな理由で、3ヶ月もすると婚活に疲れてしまったんらしいんです。

 

確かに私も可愛くないし引っ込み思案だから、ジャイ子の気持ちは分かるな・・・。

 

ひどい時は「自分なんて結婚できない」と結婚を諦めるくらいまで追い込まれてしまったんです。

 

でも、しばらくするとやっぱり結婚したいという思いが、また強くなってきたみたいです。

 

 

そこでアドバイザーがサポートしてくれる結婚相談所で婚活をしてみることにしたんだって。

 

最初は料金が高くて躊躇したんだけど、結婚したいけど一人で婚活するのは辛いんで誰かに頼りたかったそうなんです。

 

すると、婚活のプロがサポートしてくれる、結婚相談所しかないってことになったみたい。

 

確かにそうだよね〜。

 

この話を聞いていて、私も婚活するなら結婚相談所じゃないと無理かなって思いました。

 

 

ところが結婚相談所は料金が高い。

 

1年間活動したら、費用は数十万円とかになります。

 

それに結婚したら成婚料とかで、また何十万円も掛かるし。

 

お金が高いという時点で私は選択肢から外していたんだけど、ジャイ子に聞くとこんなことを言ってました。

 

「お金は掛かるけど、どうしても結婚したかったから」

 

ん〜、切実ぅ〜。

 

 

生涯一人で生きていく「寂しさ」や「不安さ」を思えば、数十万円出しても結婚できた方がいいもんね。

 

そう思った私は、「結婚相談所って、お金はいくらくらい掛かるの?」とジャイ子に質問してみました。

 

すると、「私の入会したところは全部で30万円掛からなかったよ〜」という答えが返ってきたんです。

 

私の予測だとゆうに50万円は超えるのかと思ってただけに、ちょっと安く感じました。

 

「それって成婚料とかは別?」とさらに質問すると、「私のところは成婚料無しだったから。」と。

 

オーネットって成婚料無しなんだ。

 

それでも30万円は大金ですよね。

 

でも、よく考えたら30万円ならば貯金で何とかなる金額だと気付きました。

 

何と言っても31歳OLなんで、ある程度の蓄えはあるんです。

 

「お金はなんとかなるかもな〜」という思いが徐々に芽生えてきました。

 

 

どんな男の人がいるの?

でも、お金は何とかなるとしても、どんな男の人がいるのかが問題です。

 

入会してもジャイ子に悪いけど「ラーメン大好き小池さん」ばっかりだとコスパ悪すぎです。

 

ということでジャイ子に「男の人ってどんな人がいるの?」と聞いてみました。

 

すると「男性だけで2万人以上いるから、いろんな人がいるよ〜」ってことでした。

 

そして「ひょっとして、○○子(私の名前)も婚活してるの?」と、ついに私の心境にジャイ子も気付いたみたいでした。

 

なので「してるというか、まだしてないんだけど・・・。でも、結婚したいとは思ってる。」と正直に話しました。

 

ジャイ子ったら「だったらオーネットがいいよぉ〜!」と具体名を出してアドバイスし始めました。

 

「知ってるでしょ?楽天オーネット。CMとかやってんじゃん。」

 

「私、オーネットに入会して結婚相手見つけたんだよね。」

 

「オーネットのことなら分かるから、教えてあげるよ。」

 

なんと素敵な流れでしょうか!

 

これでジャイ子に心置きなく婚活について質問できる状態になりました。

 

 

20代と30代の違いは、思ったよりも大きい

話を聞くと、オーネットでは「紹介」とか「検索」とかで出会いのチャンスがあるそうです。

 

ジャイ子は最初のうちはやっぱりダメだったんだって。

 

でも、アドバイザーに相談して相手に求める条件を変更したりすることで、お見合いできるチャンスが増えたみたい。

 

そして1年目にして遂にラーメン大好き小池さんに出会ったそうです。

 

出会いから結婚までの馴れ初めを嬉しそうに話してくれましたが、当時の私は他人の幸せ話しはすんなり耳に入らない体質になっていました。

 

とりあえずは、話は心ここにあらずで聞き流してしまいました。

 

ゴメン。ジャイ子。

 

 

とにかく男性の条件をある程度寛容にすれば、少なくとも誰ともお見合いできないなんてことはない!ってことが分かりました。

 

もちろん結婚相手に求める条件は私にもあります。

 

年収とか職業とか身長とか体型とか・・・。

 

そんな条件の話をしたら、ジャイ子に一喝されました。

 

「厳しいこというけど、31歳の○○子(私の名前)の商品価値は高くないよ。こんな私でも結婚できたのはまだ20代だったから。」

 

 

ジャイ子も婚活して分かったそうだけど、男性の求める条件として「女性の年齢」は大変重要らしいです。

 

出産が可能な年齢とかが関係してくるらしいけど、とにかく30代になると婚活は厳しくなるそうです。

 

「えっ!私、ヤバイじゃん。というか31歳だからアウトじゃん。」

 

と、一瞬にしてテンションだだ下がり状態になったんだけど、すかさずジャイ子がフォローしてくれました。

 

「でも、年齢や外見だけで判断するんじゃなくて、ちゃんと性格や相性で判断してくれる素敵な男性もいるよ!」

 

ジャイ子、ナイスフォロー!

 

31歳のちょいブス女の折れた気持ちを癒やしてくれるには充分なフォローでした。

 

そんな素敵な男性がジャイ子にとっては「ラーメン大好き小池さん」だったんだね。

 

なるほど。

 

こっちも外見や年収・職業で男性を判断しちゃいけないってことだよね。

 

そうすれば30オーバーの私にも出会いはあるってことだ。

 

「家族のことを幸せにしてくれる男がイイ男だよ。」

 

追い打ちを掛けるようにジャイ子の名言は続きます。

 

だよね〜。

 

ちょっとくらいブサイクでも、家族を大切にしてくれる男性がいいよね。

 

ジャイ子のアドバイスを聞いていると、結婚相談所で婚活したら結婚できるかも!と思えるようになってきました。

 

 

どうやって知り合って交際まで進んだの?

ここで出会いから馴れ初めまで心ここにあらずで聞き流していたことを反省し、もう一度その辺のことを詳しく聞いてみることにしました。

 

アプローチは向こうからあったそうです。

 

ということは、こっちの外見やプロフィールは知ってくれてのアプローチなんで、少し安心して会うことができたんだって。

 

やっぱり会った瞬間にガッカリされるのは、本当にキツいんだって。

 

それはそうですよね。

 

私だったら、会った瞬間に相手の顔色が変わったら超落ち込みます。

 

きっと立ち直れません。

 

 

ジャイ子いわく、焦ってアプローチしていくことよりも、じっと我慢してアプローチを待つことも大切だって。

 

自分のプロフィールを見てアプローチしてくれるんだから、少なくとも小さな好意は持ってくれているはずだと。

 

ジャイ子もそんな感じで何人か会ったけど、誰からも会った瞬間にガッカリされたことは無かったそうです。

 

もちろん、そういう自分のアプローチしてくれる人だから、正直言って外見は残念な人が多かったって。

 

あとはバツイチの人も多かったみたいです。

 

でも、バツイチの人は当たりが潜んでいる可能性があるので、絶対にスルーしちゃダメって言ってました。

 

相手も自分の中身を見ようとしてくれてるんだから、こっちも相手の中身を理解しようと努めたそうです。

 

だから、今の旦那さんの素敵なところにも気付たって、ちょっと顔を赤らめて恥ずかしそうに言ってました。

 

「うちの旦那って、ラーメン大好き小池さんに似てない?」と聞かれた時は、笑いをこらえるのが大変でした。

 

「あんな見た目でも男らしくて、意外に頼りになるんだよ。」って、ノロケられましたけど。

 

 

結論としてはどっちからのアプローチでもいいんだけど、外見や条件だけで判断せずに実際に会って話してみないと分からないことでした。

 

会ってみると、直感で「この人いいかも」と思える時もあるし、第一印象は良くなくてもちょっとした仕草や笑顔に惹かれることもあるそうです。

 

実際に今の旦那さんは第一印象は良くなかったけど、帰る時に見えなくなるまで見送ってくれたんだって。

 

それで彼の優しさとか不器用さに気付いて、次のデートに進んだそうです。

 

それまでは「次のデートは、お断りしよう」と思いながらお見合いしていたそうです。

 

人生どうなるか分からないものですね。

 

 

 

素敵な男性は見つけられる!

そこまで聞くと、あといくつか用意していた質問は聞きませんでした。

 

私の「結婚したいスイッチ」をすっかりONにしてくれたからです。

 

やっぱり私も結婚したい!

 

出会う方法としては、相手のことをよく知れる婚活サービスを利用してみたい。

 

ジャイ子の話を聞くて、結婚相談所が私にも合ってると思う。

 

結婚相談所では見た目や年収・職業などの条件よりも、性格や結婚観などで判断しよう。

 

そして実際に会ってみて、人となりや雰囲気やちょっとしたことにも気付けるようにしよう。

 

そうすれば素敵な男性が見つかるはず。

 

そうやって結婚できればいいな。

 

そこまで一気に話すと、ジャイ子は優しい笑顔でうんうんと頷いて「だね!」と言ってくれました。

 

ジャイ子の笑顔がカワイイことに初めて気付きました。